スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
カンパーニュ
ごまがら入りカンパーニュ


ごまがら入りの、田舎パン。
子供たちも食べやすいように、柔らかい配合にしました。




<材料>


・強力粉・・・・・・・300グラム
・ごまがら・・・・・・75グラム
 (ゴマ豆腐をつくったときにでたもの)
・ドライイースト・・・5グラム
・塩・・・・・・・・・6グラム
・脱脂粉乳・・・・・・5グラム
・水・・・・・・・・・180cc
 (ごまがらの水分により、水の量は調節してください)
・無塩バター・・・・・9グラム
・レーズン・・・・・・100グラム
・カシューナッツ・・・25グラム




<つくり方>


① 生地づくりはHBにおまかせします。容器にレーズン、カシューナッツ以外の材料を入れて、スイッチオン。約7分こねたら、レーズンと砕いたカシューナッツを入れて、約2分こねる。そのまま発酵する。

(約1時間発酵したら、一度パンチをして、再び40分ほど発酵する。)


 ※パンチ・・・・発酵した生地を、大きく2~3回折って、ガスを抜く。こうすると、発酵力が増します。




② 粉をふった台に生地を置き、まるめる。ラップをフワリとかけて、約20~30分ベンチタイム。




③ ベンチタイムの間に、型を準備する。カンパーニュ用の型があれば良いのですが。無いときは、直径21センチのボールにナフキンをかけて、粉を多めにふっておく。



④ ②の生地をもう一度まるめて、とじ目を上にして③のボールに入れる。そのまま、約50~1時間発酵する。



⑤ オーブンは230度に温めておく。そのとき、天板もオーブンの庫内に入れておく。天板が一枚しかなければ、パイ皿、金物のお皿など、なんでも良いので、入れて熱しておく。



⑥ 発酵した生地を、油を塗った⑤とは別の天板にそっとひっくり返す。ナイフで表面に切りこみを入れて、模様をつくる。
(ナイフより、カミソリの刃を使ったほうが、きれいに切れます。)



⑥ 焼成する。熱くなったオーブンを開けて、熱された天板もしくは、金物のお皿に熱湯を注ぐ。ジューッと音がして、蒸気がでてくる。⑥の生地を入れて、急いでオーブンの扉を閉める。
230度のオーブンで約20分、その後200度にして約15分焼成する。




<コツ>


焼成時間は加減してください。
ごまがらがなくても、簡単、おいしいカンパーニュがつくれます。


○つくり方
 
 強力粉・・・・・・300グラム
 ドライイースト・・5グラム
 塩・・・・・・・・6グラム
 脱脂粉乳・・・・・5グラム
 無塩バター・・・・9グラム
 水・・・・・・・・185CC
 レーズン・・・・・適量
 クルミ・・・・・・適量



 こまがらのカンパーニュと同様につくる。
 強力粉の10パーセント程を、ライ麦粉や、胚芽小麦などに変えてもおいしいです。
 ドライフルーツも、好みのものを加えてみてください。




 
ランキングに参加しています。
ba_vio.gif


ブログランキング


にほんブログ村 料理ブログへ
 
05/08 05:59 | フランスパン | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://tairu.blog58.fc2.com/tb.php/109-a650c081
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 みんりん All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。